ホーム > ニュース > 顔認識体温計は疫病の発生状況の予防・制御を助けます

業界ニュース

顔認識体温計は疫病の発生状況の予防・制御を助けます


リリースタイム: 2021-03-09 17:42:39 / ブラウズ: 245 / 記事のソース: www.jiminate.jp


現在、新型コロナウイルスによる肺炎(NCP)は国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)となっていて、 中国、日本、韓国とフランスなどで感染症例が相次いで確認されています。

体温異常が当該疫病の発生早期の主な症状である為、公共の場所で正確な温度測定と警報を行い,人と人との交差感染を防止しなければなりません。 成熟した技術により、深センJAEテクノロジーは顔認識と赤外線熱画像を結合して、近距離・非接触型の顔認識と温度測定を実現しました。 非接触型検査は接触性感染の確率を大幅に下げ、温度異常を早期に発見することができます。

先端技術:正確且つ効率的な手法

深センJAEテクノロジー顔認識体温計は、非接触型測温+ マスク(遮蔽物)検出 +顔認識という多重AI技術を採用することによって、 高熱のある人員の迅速な識別・標記、特定の人員の位置決め・識別及び自動警戒機能を実現します。 0.7−1mの範囲において、体温を±0.3℃の精度で迅速に測定できます。 体温が異常になるか、又はマスクを着用していない場合は、一秒以内で検出でき、且つ、温度計で自動的に表記して警戒モードになります。

正確なサーマルイメージングによる温度測定に基づき、 深センJAEテクノロジー顔認識温度計は額の温度を検出し、且つ、マスクを着用している人の情報を素早く識別することができます。 表示スクリーンは、実時間で温度を反映し、身分と温度を同時にチェックすることができます。これにより、正確な温度監視及びマスクを着用している人の識別という二つの重要な問題を解決することができます。

非接触型温度検出:インテリジェントなセキュリティ管理手法

AIアルゴリズムプラットフォーム、ディープラーニングの枠組みとアルゴリズムモデルの更新に基づいて、 深センJAEテクノロジー顔認識温度計は、人体の温度と顔遮蔽情報を効率的に獲得することができます。 これで部分的に遮蔽される顔認識効果を実現します。 認証されていない人又は温度条件に適合しない人は通過できません。

深センJAEテクノロジー顔認識温度計は、顔の特徴のコーディングシステムにより、顔の幾何学的構造の特徴を分析できます。 人がマスクを着用しても99%以上の識別率が得られ、通行効率が向上し、人体への接触時間が短縮され、セキュリティが向上できます。

深センJAEテクノロジー顔認識体温計は人工的な温度測定と人員情報の表示を代替し、24時間365日の監視を実現し、スマートな人員管理、情報判断、データのアップロードなどの機能を実現します。 この技術は、交差感染のリスクを下げるだけでなく、交通効率を10倍以上に高めることができます。 これにより、時間を節約し、混雑を減らすことができます。 税関、政府、空港、駅、企業、コミュニティと学校など人が密集する公共の場所に適用されます。

ラベル:顔認識体温計

共有:

ナンセンス出席とAI顔認識出席とアクセス制御の専門家、AI赤外線温度測定端末リーダー。

お問い合わせ
QRコードをスキャン 閉じる
QRコード
ライン二次元コード Close
スキャンQRコード