ホーム > ニュース > 顔認識アクセス制御マシンのパフォーマンス上の利点を利用して、アクセス制御管理条件を改善します

業界ニュース

顔認識アクセス制御マシンのパフォーマンス上の利点を利用して、アクセス制御管理条件を改善します


リリースタイム: 2021-01-25 17:40:57 / ブラウズ: 399 / 記事のソース: www.jiminate.jp


アクセス制御システムや製品の人気が高まるにつれ、それに応じてさまざまなアプリケーションシナリオへの適応性が自然に高まります。実際、単一機能を備えたアクセス制御製品の多くは実用的な価値を欠いています。逆に、顔認識技術に基づく製品はより認識されやすくなっています。 これは、顔認識アクセス制御マシンがさまざまなアプリケーションシナリオで目覚ましい成果を上げた理由でもあります。重要なのは、アクセス制御管理の作業条件が大幅に改善されたことです。これは、管理の効率とレベルの向上にも大きなメリットがあると思います。 企業の出席とコミュニティ管理の観点から、顔認識技術の実用的な価値は比類のないものです。

顔認識アクセス制御マシンのパフォーマンス上の利点を利用して、

先進技術のアクセス制御システムのセキュリティと実用性を過小評価できないことは否定できません。流行の予防と制御の現在のニーズを考慮すると、ほとんどのコミュニティは、出入りする人員に対して厳格な管理措置を採用します。 顔認識アクセス制御機の設置・適用の必要性を反映し、システムに顔情報を入力した人だけが出入りできるので、流行防止違反の発生を防ぐための確固たる基盤を築いており、地域経営の全体的なレベルもそれに応じると思います。 大幅な増加により、人の流れが多いコミュニティでも、整然とアクセスを管理できるようになります。

アクセス制御システムと端末製品の技術レベルが大幅に向上したからこそ、さまざまな複雑なアプリケーションシナリオで簡単に実行できます。実際、アクセス制御システムでの顔認識技術の適用は比較的ターゲットにされています。 アプリケーションのシナリオは異なりますが、アクセス制御管理プロセスの規制に積極的な役割を果たすことができれば、さまざまな業界から満場一致で賞賛される可能性があります。実際、顔認識技術の利点は、アクセス制御管理条件の改善にも反映されています。

共有:

ナンセンス出席とAI顔認識出席とアクセス制御の専門家、AI赤外線温度測定端末リーダー。

お問い合わせ
QRコードをスキャン 閉じる
QRコード
ライン二次元コード Close
スキャンQRコード